〒133-0056
東京都江戸川区南小岩7-6-1

TEL 03-3650-1181


 

歯科,小岩,予防歯科,江戸川区,歯医者,小岩駅 -宇田川歯科医院-

トップページお知らせスタッフ紹介医院案内診療案内交通案内
インターネット予約:初めて インターネット予約:再診宇田川歯科医院写真館 宇田川歯科医院日記宇田川歯科医院採用情報
モバイルサイト

予防歯科

トップページ»  予防歯科

私が予防歯科を志したきっかけ

歯ブラシ

将来どういう歯科医師になろうかと悩んでいた歯学部6年生のときです。
予防歯科の世界的な第一人者アクセルソン先生の講演を長崎で聞くチャンスがありました(1989年)。
その講演を聞いたとき「歯を削って詰める時代は終わったんだ」と衝撃を受けました。
私に与えられるライセンスは、来院される方をむし歯や歯周病にかからないようにすることと、公衆衛生活動を通して地域住民の方の健康をサポートすることなのだと思いました。

大学を卒業してから

長崎の歯科医院で、すでに予防歯科を実践していた常岡歯科診療所に勤務できたことが、今の私の基礎となりました(1990年)。
常岡先生に「主役は来院される方々」という予防歯科的考えを教えていただきました。長崎で7年間勤めたあと東京に戻ってきて、防歯科のスタディーグループ「フォーラム東京」に参加することができました(1998年)。さらに今村歯科医院で2年間勤務することもでき、診療室での臨床予防歯科を学ぶことができました(1999年)。
スタディーグループでご一緒させていただいた先生方は、日本の臨床予防歯科を実践されている第一人者の方々でした。素晴らしい先生方と一緒に学べたことは幸せでした。予防中心のスタディーグループに参加できた影響は大きかったです。


開院してから

さらに素晴らしい先生方との出会いがあり、常に学びを得ております。
現在所属しているスタディーグループは

  • 日本歯周病学会
  • 日本ヘルスケア歯科学会
  • フォーラム東京
  • 中野予防歯科研修会
  • 東京ヘルスケアグループ
  • DFC

などがあります。これらの勉強会では症例発表をすることで切磋琢磨しております。予防歯科は、特に歯科衛生士が担当する分野が多くなります。そのため、歯科衛生士を含め、医院のスタッフ全員で勉強会に参加しております。
研修の内容などは、宇田川歯科医院ブログ『宇田川歯科医院日記』をご覧ください。

宇田川歯科医院ブログはこちら
 >>『宇田川歯科医院日記』

宇田川歯科医院の考える予防歯科

予防歯科とは、むし歯になる危険性(リスク)や歯周病が進行する危険性(リスク)をコントロールし、生涯にわたり、健康なお口でお過ごしいただくことを目標としております。
その為には、むし歯や歯周病になる原因のプラーク(細菌の塊)を少ない状態に維持する(プラークコントロール)を治療目的といたします。
プラークコントロールには、ご自身で行うセルフケアと、歯科衛生士が行うプロフェッショナルケアがございます。
定期健診で、お口のチェックを行うことも重要です。

 
むし歯予防プログラム

1. むし歯予防

むし歯ができないようにするには、むし歯になる原因を調べることをお勧めします。食事の記録、むし歯菌の数、唾液の働きなどを検査し、むし歯になる原因を取り除く「むし歯予防プログラム」を立てましょう。3歳くらいからフッ素を塗り、定期健診にお越しいただくことをお勧めします。

2. 歯周病予防

20歳前から歯周病予防に取り組みましょう。定期健診で歯科衛生士が担当するプロフェッショナルケアで、歯周ポケットの中の歯周病菌を少なくすることをお勧めします。

予防プログラム

3. 予防をベースにおいた治療

むし歯ができた残念な歯も、フッ素を使い、予防プログラムを実践することで、むし歯の進行を食い止めることができる場合もあります。
初期のむし歯は削らずに、予防プログラムを実践してコントロールしましょう。
それでも進行してしまった残念な歯は、必要最小限の削る治療(MI治療)を行います。

歯を長持ちする治療

4. 歯を長持ちさせる治療

残念なことに、むし歯や、歯周病で歯を失った場合には、残りの歯を守る義歯やブリッジを作ります。歯を守る治療、つまり歯を長持ちする治療は、顎の位置が悪くなることを予防する治療と考えております(顎位を守る治療)。

以上のように当院の治療は、すべてが予防歯科をベースに置いたコンセプトに基づいて進められます。